HOME»美容整形外科 » どんな形態の病院がお給料が高い?

どんな形態の病院がお給料が高い?

誰もがお給料の高い仕事に就きたいものです。これは看護師であっても同じことでしょう。ただ、看護師の場合は経験年数がものをいいますので、新卒入職時から高給という人は、まずあり得ません。
ただ、物価水準の高い東京などでは大学病院の看護師の場合、入職時から400万円程度が支給されるといってよいでしょう。ここで、よく考えてみたいのは「基本給」+「主要手当」+「賞与」+「夜勤手当」だけを考慮する人が多いことです。大事なことは、多く貰うことも一理ですが「福利制度」がどうか、ということを見落とさないことです。
例えば、時間外手当、住宅手当、助産師手当、病棟手当、などさまざまな手当がどの位あるのか、を判断すると、入職時から450万円前後の年収がある大学病院は多くあります。特に賞与は6ヶ月分というところもあります。ここで、注意したいのは、大学病院は「多忙」であるのが一般的、ということです。多忙な分お給料が高い、ということは頭に入れておきましょう。

お給料が高い病院の傾向

専門病院の場合、技術レベルの高い整形外科、脳神経外科などを持っている病院が高給を維持しています。特に難度の高い脳のオペを行う病院は、患者が全国から集まるため、年収で450万というのがベースです。これは首都圏や地域の専門病院に当てはまります。脳神経外科はオペの「月数」の多いところが給与の高さにつながります。オペ看護の場合は高給になりますが、その分看護スキルも必要です。
総合病院では、やはり土地柄で患者の「層」が違ってきます。病棟でも個室ベッド代の高額な総合病院などは、それなりに看護師の待遇もよく、患者に気を使うことが多くなりますが(患者への気遣い)、その分お給料に反映されるのが特徴です。ただ、病院の立地からみて、住まいをどこにするかで家賃や生活費(買い物など)、そして生活環境の利便性が良くない場合もあります。立地には注意が必要でしょう。有名病院は一度サイトで確認してみるのがよいでしょう。
自由診療の美容整形外科病院の場合は、年収500万円は保障されているところも多く、看護師としての医師の介助のほか、患者のカウンセリングという「話法」や「心理話法」の必要性もあり、看護師としてのスキルと同時に「患者のケア」も必要になります。また、日曜祝日も営業することが多いので、勤務シフトを確認して、求人応募することに注意しましょう。

«
»

メニューリスト