HOME»看護師転職 » 看護師の転職サービスには色々なものがある。

看護師の転職サービスには色々なものがある。

看護師さんは本当に素晴らしい職業だと思います。
昨年、母が闘病の末残念ながら亡くなりましたが、手厚い看護を受け今でも感謝の気持ちは忘れてなんかいません。
ただ、やはり看護師さんも「人間」です。
様々な方がいらっしゃいました。
限られた人数で準夜勤や夜勤といったシフトがかなり看護師さんにとって、本業の仕事内容よりも「転職」を考えるキッカケになるのではないかと思います。
正看護師さんや准看護師さんとランクにもよって「医療行為」をしたくても出来ないケースが見受けられました。
厳しい業界の代表格でもあります。
ニュースでも時々「医療ミス」の報道がありますが、人の命を預かる大切なお仕事です。
颯爽と仕事をこなされている方はもちろんいらっしゃいますが、シフト勤務・医療ミス・人間関係と様々な疲れ・ストレスで転職を考えても不思議ではない業種だと思います。
折角、専門学校で学んで資格をゲットして、勤務先の就職活動も順調に進んで「現場」を目の当たりにして、本当に誰でもどんな業種でも実際にその職場(看護師さんの場合は病院)に就いて、そのままその職場で、極端に言えば「定年」まで勤務を続けられる方は本当に希な方だけだと思います。
webでも看護師さんの転職サイトが多く見受けられます。
折角の資格を使うのに大病院からこじんまりした個人病院への転職されるケース。
入院病棟がなければ夜勤や準夜勤なんて無いでしょうし、定休日だってあります。

看護師の転職においては原因・理由・選択肢など色々と・・・

大病院でも異動があるのか?詳細は分かりませんが「病棟」と「外来」と言ったポジションでも大きく変わってくると思います。
転職したいと思った理由・原因により選択肢も変わってくるんではないかな?と思います。
ただ、看護師さんにとって「居心地」が良ければ退職することもないので、「空き」が発生して求人されるタイミングが運命の別れ道のように思います。
あとは年収にこだわりを持って職場を変えようと思っても、なかなか条件を満たさないケースもあるかと思います。
似たような仕事内容で、年収もそこそこで条件がピッタリの職場はなかなか見つけにくいかもしれません。
ここ最近、老人施設が増えて「介護士」「ケアマネージャー」「正・准看護師」募集!というのが多いようです。
と言うより、これから益々その手の施設が増えていくと思われます。
ここのところ、一般のハローワークでも「老人施設」の求人(介護士)は捨てる程、たくさんあります。
介護士を目指して、資格もゲットして張り切って働いたのに、腰を痛めて挫折されるかたもいらっしゃいます。
心優しい方でも、自分の体を壊してまで無理も出来ないだろうし、結局辞めてしまうケースがあるようです。
看護師さんも病棟だと肉体労働されています。
受け入れる就職先の心配はないかと思いますが、頑張りに見合った収入が1番のネックのような気がします。

«
»

メニューリスト