HOME»看護師転職 » デイサービスでの看護師業務の特徴とは?

デイサービスでの看護師業務の特徴とは?

デイサービスでの看護師業務の特徴は、看護師の仕事を一度でも経験していれば、難なくこなせる仕事が大半だからです。
デイサービスの利用者の大半は、健康に問題がない利用者だからです。
デイサービスで、看護師が頼りにされるのは、バイタルサインなどの確認など基本的なものが中心となります。
ただし、デイサービスでは、医療より福祉が優先されるため、最終的な判断はケアマネージャーの判断となることが多いようです。
このため、デイサービスでやりがいを失う看護師が多いのが実情です。
また、必要となるサービスは、爪切りなどの医療行為かどうかの線引きが難しい行為が大半なため、ヘルパーでもできる作業が中心となっています。
ただ、診療所や病院では味わえないような、レクリエーションの企画などに携わることができるほか、看護師の仕事を活かした健康的なダンスや体操などを考案することもできるため、やりがいを失わずにイキイキと働く看護師もいるようです。
また、デイサービスの仕事は、施設によってもばらつきがあり、ある施設では、あまり忙しくは無いように見えても、ある施設では、てんてこ舞いになるくらい忙しいなど、忙しさやサービスの内容によっても、ばらつきがありますので、転職をするまえには、よく確認をすることをお勧めします。
確認を怠ると、話が違うなどの無用なトラブルの原因となりますので、事前の確認をきちんとすることが大切です。
施設によっては、初めはパートとして働いてみて、合うようであれば、正職員として勤務するというスタイルをとっている施設もありますので、こまめな情報交換を大切にするとよいでしょう。

«
»

メニューリスト