HOME»看護師その他情報 » マイナビ看護師合同説明会とは??

マイナビ看護師合同説明会とは??

全国の看護学生のためだけに開かれる「合同説明会」は、マイナビだけではありません。実は数多くの病院が「ブース」を設けて、公開求人を行っています。
その中で、マイナビ看護師合同説明会の場合は、規模が大きいこと、総合病院などの多くの求人が見込まれることから、参加者が殺到します。また、地元の病院だけではなく、北海道や九州の説明会でも首都圏の病院や千葉の総合病院などのブースがあり、附属大学を持つ病院も参加するため、看護学生にとっては「こんな病院もあるんだ…」と驚くケースがあるようです。
面白いのは、各病院のPRです。採用担当者だけでなく、実際の看護師が病院説明に話をしますので、病院の生の情報が得られるチャンスなのです。学生に取っては「こんなことを聞いてもよいかな?」というような内容、例えば「仕事はきついですか?」「夜勤は人気がありますか?」「看護師の離職率はどうですか?」「海外の患者にはどう対応していますか?」など、様々な質問をぶつけていいのです。
また、こうした合同説明会に参加して「良かった」と思えるところは、実際の病院関係者が多く集まることで、これからの自分の進む方向を「再確認できる」ことです。看護学生はある意味、一般学生とは違い、職人としての技術を詰め込んで行かなければなりません。ノートには人体の内容から、看護技術、医師のオペ内容から、その器械までいろいろと勉強します。

マイナビ看護師合同説明会で学べること、そして成功へ

その積み重ねだけでは、なかなか実社会が見えてこなくなってしまいますが、こうした合同説明会では、日頃の学習した内容を「質問で試す」機会にもなります。NICUについて聞いてみる、緩和ケアについて尋ねる…先輩ナースがどう答えるかで、自分の知識がどの程度かを確認することができます。
また、他の学校の学生と知り合うのもいいことです。みな看護師を目指していますが、ジェネラリストとして生きていきたい…スペシャリストとして生きたい…あるいは、看護教育をもう少し学びたい…などといろいろな学生に出合うことで、病院選びにも幅が広がります。
ロケーションと病院施設の豪華さのギャップを解消するのも、こうした説明会のよいところです。見知らぬ土地で非常に規模の大きい救急指定病院があり、興味があったとしても、実際はどんなところなのかが分からなければ、やはり不安なものです。
病院の近くはどんなところか、寮はあるのか、賃貸住宅の相場は、買い物に便利かどうか…やはりオフの充実も大事な選択です。クオカードのプレゼントも魅力ですが、それ以上に、仕事のやりがいが見えてくるようなら、マイナビ看看護師合同説明会に参加して「成功!」といえるでしょう。

«
»

メニューリスト