HOME»看護師転職サイト » マイナビ看護学生ってどんなサイト?

マイナビ看護学生ってどんなサイト?

看護学生の多くは、看護専門学校や看護系大学、あるいは看護大学、医師会立看護学校などで資格取得の勉強を行っているはずです。最近は普通高校や文系大学を卒業し、社会人になってから看護師を目指す人が増えており、マイナビに「2度目、3度目」とお世話になっている人もいるのではないでしょうか。
マイナビ…旧毎日コミュニケーションズは、リクルートやパソナ、そしてDODAで知られるインテリジェンスなどと並んで、就職と転職を支える企業の、最大手の一角です。ですから、全国の学校にも様々な就職説明会や就職相談会の案内を出しており、大学や専門学校の就職課も非常に信頼を寄せています。
マイナビ看護学生は、看護学校に通う学生のためのサイト。ですが、それだけではありません。実は看護系以外の大学や普通高校の学生にも、参考にして欲しいサイトなのです。一番初めに見ていただきたいのは、高校生です。将来看護師を目指そう!と考えている高校生には大学の内容が手に取るようにわかるのが、このマイナビ看護学生です。
全国の看護系大学は、毎年全国で開校されています。そして、看護師を目指す学生は国家試験に通ることだけが最終目標ではありません。看護系大学の学費は一般大学よりも高く、将来の収入安定が約束されているとはいえ、親の負担は少なくないのです。

マイナビ看護学生で見える未来

ですが、表面的な負担だけで「看護師になるのはお金がかかるな…」とあきらめてはいけません。大学は提携病院や、系列病院を持っているところが多いのです。よく「御礼奉公」などと呼ばれますが、学費や寮費を全額、あるいは半額免除してもらう代わりに、国家資格取得後は、指定病院に勤務することがあります。
看護師にとって、インターンの時期はとても大事です。看護師は全国で140万人ほどが働いていますが、体力や判断力をしっかりと身につける時期は意外にも短いのです。病院に勤務して3年すればプリセプターとして、後輩の指導看護師にならなければなりませんし、病院によっては転勤のあるところも多くあります。
看護学生にとっては、病院選びのための就職雑誌、就職サイトという感覚かもしれませんが、実際はそれ以上に多くの情報を手に入れる場になっています。看護師でなければ得られない「人生の楽しみ方」など、看護学生以外から見ればうらやましいような情報が、沢山詰まっています。参考にしてみましょう。

«
»

メニューリスト