HOME»看護師アルバイトc » 主婦看護師に人気のアルバイト勤務

主婦看護師に人気のアルバイト勤務

子育てをしながらの看護師勤務、あるいは子育てが一段落した主婦が復職するパートとして、看護師の活躍が盛んになってきています。
特に待機児童の問題が全国的になってから、病床数も多い総合病院では託児所を完備したり、駅前のクリニック近辺では認可保育園も増えてきています。
企業系の病院では特に託児所サービスに積極的ですから、安心して勤務できるケースが整ってきています。
このアルバイト勤務にはさまざまな形態があり、直接病院でパート看護師として勤務するケースがまずあります。
これは正職員との業務差はまったくなく、雇用保険や退職金についての規定が若干違うことがあります。
また、パート看護師は看護委員会出席の必要がなく、正社員とは給与の差がありますが、一般社会よりも時給がよいので、好都合です。
注意点とすればやはり「臨床看護」の日々の進化でしょう。
主婦看護師、という言い方ですが「子育て」を経験した、あるいはしている看護師として限定した場合ですが、子育て期間は少なくても2年程度は離職か休職しているわけです。
これが数年にも及びますと、ブランクとしては大変大きいハンデとなります。
これを理解した上で外来看護師を選ぶのは、なかなか大変なことだといえます。

主婦の看護婦の勤務状況

もちろん個人クリニックの場合はそれほど複雑な業務ではありませんが、病床数が多い総合病院や専門病院では、スキルのある看護師ほど外来勤務です。
ですから、病棟勤務のアルバイトをこなすほうが無難だといえます。
アルバイト看護師としては老人介護施設、介護サービスステーションでの訪問看護師、個人クリニック、などが非常に人気です。
特に老人介護施設や有料老人ホームの医務室などは、託児所も完備しているところが多く、系列で病院を経営している所もあります。
こうしたところでは、病院間の情報がわかるため、勤務中に住宅購入をした、配偶者の転勤があるなどで勤務地を異動したいといったニーズに応えてくれるメリットがあります。
アルバイトとはいっても、もし正社員になればそれなりの待遇が約束されますし、経験を積むことで、師長などの役職もかなうことができるでしょう。
また、繁華街のクリニックなどは勤務時間が短いわりには時給が高いこともあり、人気があります。
眼科、美容整形、皮膚科といった専門外来は「患者が原因を理解して」来院していますから、それほど患者への説明行為も複雑ではありません。
患者にとっても、看護助手ではなく看護師がいることへの信頼感は絶大ですから、ぜひ方々で活躍することを期待します。

«
»

メニューリスト