HOME»看護師その他情報 » 看護師不足の現代ではもっと看護師は優遇されるべき

看護師不足の現代ではもっと看護師は優遇されるべき

今の現代の医療関係の問題の1つに「看護師不足」があるようです。
病院は看護師の争奪戦になる程のようです。
賃金面で優遇されて、勤務先である病院を変えて、元々が人手不足の病院で勤務する訳なので、当然ながら仕事がかなりハードになって結果的に離職するというケースが多いようです。
主に首都圏近郊が最も「看護師不足」状態にあるようです。
看護師さんも転職して、働いただけの報酬であるお給料が多くなり良いと思うのは当然です。
しかし、実際に「超」ハードな仕事で離職することになるのでは、本末転倒の見本のようなものです。
せっかく資格を持ちながら、患者さんを看護するどころか「当の本人」(看護師さん)が離職するなんて、よほどのことかと思われます。
違う面からの「看護師さんを優遇される点」というのはないものなんでしょうか?その点に気付かないと全く改善されることはないように感じます。
近頃は外国人の看護師導入や、資格を取る為の看護学校の奨学金の優遇などはされているようですが、実際に看護師をされていて離職された方のブログには、的外れと書き込まれています。
原因はただ1つ、働き始めてからの「労働環境」だと言い切ってらっしゃいます。
確かに、看護師の資格を持たない私も全くそうだと思います。
男性の看護師さんも多くなってきている現在ですが、家庭環境の面で各々の看護師さんの負担がかかって来ると思います。
まだ独身の女性看護師さんなら、年齢的にも若く自分中心の生活パターンを調整するのが簡単だと思います。

看護師不足の現代での看護師の待遇について

それが、「結婚」という大きな人生の分かれ道によって、仕事と家庭の両立の面で左右されるケースが多いのではないでしょうか?準夜勤や夜勤帯での勤務でハードな仕事で、帰宅して家庭での家事・出産・育児という女性ならではの大きなリスクを背負う訳です。
本当に家族(主に夫となる方)の協力と理解があり、リラックス出来る家庭であれば頑張り甲斐があると思いますが、家事等を全て背負うような事を続ければ、肉体的にも精神的にも我慢の限界を超えた時に「離職」となってしまうのでないかと思います。
働いただけの報酬に満足出来て、精力的に看護師として仕事をこなし、帰宅しても食事の支度や家事をしてくれているような協力者がベストだと思います。
出来れば、実の母親であれば気兼ねもなく家事全般を任せることが出来ると思いますが、実際はそんな甘いものではなく恐らく既婚の看護師さんの「夢」でもあるのではないか?と思います。
結婚されて出産となると、しばらくは「育児休暇」を有効に使って、その間は家事にも専念出来るのではないかと思いますが、職場復帰後の家庭での育児の大変さを想像するだけで「ゾッ」としてしまいます。
そういう面を微々たるものですが、看護師さんの勤務する病院内に「託児所」を設置するケースが増えているようですが、まだまだ少ないようです。
子供を預かってくれるのは、小学生になるまで。
先々を考えると本当にキリが無いです。
看護師さんが休職して、復職するまでのブランクも大きなネックになるようです。
しっかり先を見据えて対策を講じておかないと、近い将来に外国人の看護師さんが大半になっている可能性を否定することは出来ません。

«
»

メニューリスト