HOME»看護師転職サイト » 看護ナビの合同説明会資料請求とは?

看護ナビの合同説明会とは?

一番シンプルなタイトルのサイト『看護ナビ』。看護学生、看護師、保健師、助産師の病院合同就職説明会が、毎月行われています。その特色は全国に順番に行われるスケジュール。2014年は全国26都市、38会場で開催されています。
現在、病院合同説明会を行っているところは「文化放送ナースナビ」(学生向け)、「マイナビ」(2015年卒、看護学生専用就職セミナー)などがありますが、学生と看護師両方の参加可能というのは「看護ナビ」の特徴です。ぜひサイトを見ていただきたいのですが、参加医療施設は非常に多く、中には『紹介ムービー』があり、プリセプターの紹介などもあります。実際に看護師が出演している動画ですから、非常に参考になるでしょう。
看護ナビのうれしいことは、合同説明会の情報だけが宣伝されているわけではない、ことです。参加医療施設、病院の個々の情報が非常に充実しています。合同説明会にまず参加した、その後はいよいよ病院の直接見学会、選考会、インターンシップに臨みます。
学生にとっては、入職のスケジュールが気になるところですが、病院に勤めるまでの段取りが重要なのは、意外にも忘れてしまいがちです。人気の病院はすぐに採用が決定してしまうこともありますし、病院に依っては特定の学校が強いケースもあります。

看護ナビで病院をマイリストに入れて資料請求!

サイトでは、気になる病院のマイリストを作りましょう。資料請求が必要ならば、取り寄せましょう。また、福利厚生の情報をしっかりと取り入れるのがポイントです。給与が高いといっても、手取り収入は税引後ですから、あまり期待してはいけません。
通勤手当、寮(看護宿舎)と寮費、また全国規模の病院の場合は転勤があることを忘れてはいけません。勤務体系は「変則」と書いてある場合が多いのですが、この変則条件で、みっちりと鍛え上げられます。これで音を上げないように、頑張りましょう。
合同説明会は実際に「勤務する看護師」の話を聞く事ができます。また、離職率やどういう人が「辞めやすい」か、などをしっかりと教えてくれるのもよいところです。男性看護師と女性看護師の割合などは、実際に勤務している看護師でなければ、伝わり難いものです。
病院側もどんな学生が病院に関心を持ってくれるのか、非常に気になるところですから、実際の話を聞いてみるのに非常に参考になるでしょう。

«
»

メニューリスト