HOME»看護師転職 » 土日祝日休み看護師求人が人気

土日祝日休み看護師求人が人気

現在日本には約140万人もの看護師が勤務している、といわれています。そのうち「正看護師」が約100万人、「准看護師」は約40万人。これだけの数の看護師が働いているわけですから、病院の勤務状況にはゆとりがあるのでは、と考えがちですが、実際にはこの数字と勤務数の実態には、大きな乖離があります。土日祝日休みなど程遠いのでしょうか?
「日本看護協会」では、『看護職の夜勤•交代制勤務に関するガイドライン』が平成25年2月にまとめられました。これによりますと、看護師の勤務状況は『交代制』によって、問題が大きくなっていることがわかりました。もともと、病棟看護のある病院では日勤と夜勤の交代制があるわけですが、これは日勤専従、夜勤専従といった看護師の勤務の形で分けているわけではありません。日勤の看護師も夜勤を勤めなければならないシフトが通常です。夜勤明けとはいっても、申し送りがあるまでは勤務は続くわけで、場合によっては時間外勤務の可能性もあります。土日祝日休みには夢なのでしょうか。
問題は、交代制によって『勤務時間』が短くなっても、帰宅してしっかり休息する暇もなく、また勤務、という繰り返しが発生することです。これは、看護師の定着率が低い病棟により大きな問題となっており、過労で「仕事上の事故」「通勤途中の事故」など、様々な悪影響を誘発しているのです。

土日祝日休み看護師求人はどこで探せる?

そのため看護師の中には、せっかく入職した病院をわずかの期間で辞めざるをえない人も多く出て来ています。国家資格や都道府県資格を取得するために、長い間の勉強と実践を積んでいるはずの看護師が、自分の力を発揮出来ずに過労で職場を後にするのは、非常に残念なことでしょう。ですが、看護師自身が「健康」で「生き生き」と働いているからこそ、病人は医師の診療に素直に応じるものです。だからこそ、勤務状況が『つらい』と感じるようならば、土日祝日休みといった形態の病院に転職することは、有益なことなのです。
看護師は使命感の強い、社会に大事な職業です。ですが、看護師一人ひとりにも家族がおり、人生があるわけですから、子育てや夫婦の大事な時間、家族の語らいのゆとりなどをしっかり持てるように、人気といわれる土日祝日休みを希望することは、可能な限り大事なことだといえるのです。看護師の使命感に反するような気後れを感じる方もいるかもしれませんが、一般社会は「元気な看護師」を求めています。看護師自らがしっかり休める環境があってこそ、患者の命を守ることになるのです。

«
»

メニューリスト