HOME»看護師業務 » 地域包括支援センターの看護師求人と勤務内容

地域包括支援センターの看護師求人と勤務内容

平成18年に介護保険法が改正され、全国の市町村に「地域包括支援センター」が開設されました。端的にいえば、介護を必要とする高齢者を地域で支援する、というものです。ただ、以前は誰が費用の負担をするのか、ということが問題になりました。当然健康保険に加入している高齢者が、「介護病棟」で『医療』を受けるという形だった時代が長く続きましたが、介護保険が導入されてから「介護は介護保険」「医療は健康保険」と区分けが出来るようになったのです。
ところが、「介護を必要とする高齢者」は「介護保険では介護枠の介助しか受けられない」点が浮上してきました。そもそも高齢者が加齢によって様々な疾患を持つようになると、結果的に介助を必要としていきます。脳梗塞で片麻痺の高齢者が肺気腫になり、酸素吸入が必要となって食事の介助や風呂の介助などを受ける…となれば、介護保険の適用か医療保険の適用かは曖昧です。
そこで、訪問看護ステーションというものが各地に作られるようになりました。これは医師、看護師、介護福祉士、ケアマネージャーなどがチームで地域看護、介護を一緒に行うものです。介護福祉士が行う介助行為は「介護保険」適用であり「医師、看護師」が行う医療行為は「健康保険」適用範囲です。こうした混合の保険適用段階を経て、現在はより細かな「市町村•地域包括支援センター」が高齢者の「介護、看護」の予防策と対応策で支援を分けて行うように制度化されたのです。

地域包括支援センターの看護師はどんな業務を行っている?

そこで、訪問看護ステーションというものが各地に作られるようになりました。これは医師、看護師、介護福祉士、ケアマネージャーなどがチームで地域看護、介護を一緒に行うものです。介護福祉士が行う介助行為は「介護保険」適用であり「医師、看護師」が行う医療行為は「健康保険」適用範囲です。こうした混合の保険適用段階を経て、現在はより細かな「市町村•地域包括支援センター」が高齢者の「介護、看護」の予防策と対応策で支援を分けて行うように制度化されたのです。
地域包括支援センターは、民間の会社が委託されて行っているところと、市町村の公務員として行っているところがあります。民間のケースで一般病院よりも給与水準高い場合が多いのですが、4週8休など土曜が休み、というわけにはいかないところが多くあります。また、オンコールのあるケースは給与が高いのですが、場所によっては自転車で訪問するなどの場合もあり、こまめに駆けつける必要もあります。
看護師の職、とはいっても訪問看護では行える処置は限られます。ですが、介護福祉士に指導する立場であり、ケアマネージャーの資格も持っていれば、より簡潔に医師の指示や介護の立案が立てられることになりますので、ケアマネージャーの資格を合わせて取得する人が増えています。訪問看護の後で、事務所で保険適用の打ち込み作業(パソコンに向かう)があるのも、特徴の一つです。

«
»

メニューリスト