HOME»看護師その他情報 » 年末年始限定の看護師バイトがあります。

年末年始限定の看護師バイトがあります。

看護師の需給バランスは偏りがあり、求人サイトでも顕著になっています。
アルバイト求人の多くは夜勤、有料老人ホーム、あるいは訪問介護ステーションの派遣看護師です。
こうした業務は一般日給業務よりも時給が高く、ちょっとした「時間のすき間」が生じた時に単発で働くことができ、非常に効率的です。
むろん、自分からこうしたアルバイトを探すのはなかなか難しいので、当然求人サイトに登録をしておくことが必要です。
特に、病院の中には「求人サイトに登録して、おまけにお祝い金までもらったそうじゃないの」と陰口をたたく看護師もいるようです。
ですが、単発の場合は長期雇用と違い、割り切った働き方ができますので、人間関係で少々お悩みの方には好都合でしょう(お祝い金がある、なしは「求人サイトの営業方針」ですので、本人が選んだエージェントがきちんと対応していれば何の問題もありません。
本来は病院の人事管理の問題です)。
では、年末、年始の医療機関はどういう状況か、といえば参拝客の集まる神社の救護室での待機、あるいは正月恒例の地域型スポーツ行事や登山などの事故対応といったものがあります。
また、例年この時期は流感(インフルエンザ)期ですので、急患が集まるところは総合病院しかありません。
また、都市部から地方へ帰省する方が多いため、普段より多くの人が地方都市で過ごすことになり、また、パート看護師の中にも休暇を取る場合がある、と考えてよいでしょう。

少ない時期の看護師をどうやって補うか?

さまざまな要因で手薄になる年末年始の看護状況を、医療機関側としては「いかに少ない看護師で賄うか」と考える傾向にあります。
ですから、急患に対応できる、あるいは単発ワークに慣れているなどの条件を加味して派遣先が決まってきますので、思い立った時に求人サイトに登録されておくのがよいでしょう。
エージェントは登録者リストから、最適の人材を選ぶことでクライアントからの信頼関係を強めることができます。
よい対応を繰り返しておけば、待遇のよい条件や希望地域などの情報を見つけてくれることは間違いありません。
ところで、年末年始は普段よりも時給が高い、というのは医療機関特有の条件である、ということは覚えておいて損はないと思います。
他の職種では、年末だけの仕事はありますが、雇用側が「アルバイトが集まらないから」時給を上げてまで求人を行うのであり、最初から「年末年始はいつも高額アルバイト」というのはこの業界特有の事情があるからです。
ついつい「年末年始って時給が高くて、いいよね!」なんて口を滑らすことのないよう、ご注意下さい。
患者の立場では「そうか、大晦日に怪我でもしたら普段より治療代が高くなるのか」と勘違いのもとになりかねません。

«
»

メニューリスト