HOME»看護というお仕事 » 施設看護師の役割

施設看護師の役割

看護師_施設看護師の役割~施設の違い施設看護師の役割は、配属された施設によっても違ってきます。
例えば、介護施設などでは、入所されている高齢者の体調管理を求められたり、高齢者の急病に対して、適切な処置を講じるなどの対応が求められます。
また、介護施設は介護施設でも、デイサービスか、有料老人ホームかでもそのサービス内容や役割に大きな差が生じます。
デイサービスの場合、そのほとんどが健康に問題のない高齢者が多いため、入浴サービスなどを行う前のバイタルチェックなどが中心となります。
また、医療行為とはいえ、ヘルパーでもできる簡単なものが中心となるため、最終的な判断は、ケアマネージャー次第となることが多いようです。
こうしたデイサービスに対して、少し専門的なことが必要となるのが、有料老人ホームです。
有料老人ホームでは、ホーム内で起きた急患の対応が求められ、少し責任感が増します。
入居されている高齢者の体調を見守るような仕事も求められ、デイサービスよりは、遣り甲斐が増すでしょう。
最近は、有料老人ホームでお亡くなりになる高齢者がいると聞きます。
有料老人ホームが、いわゆる「終の棲家」となっている現状があります。
こうした問題があるなかで、これらの施設に常駐している看護師の頑張りには目を見張るものがあります。
また、有料老人ホームは、病院が経営しているケースが多く、もし、ホームで手術を必要とする疾患に高齢者がかかった場合、提携する病院に入院する措置をとってくれるホームもあります。
この場合、入院の必要があるか、手術の必要があるかを判断するのに、看護師の力が活かされます。
施設看護師の役割は、デイサービスや有料老人ホーム以外にも、必要とされているところはあるようです。
ここには、記載しませんでしたが、高齢者向けシェアハウスにも常駐の看護師がつくというケースもあるようです。
看護師がいわゆる、その施設に対しての安心、安全を担保する役割を担っていると言えそうです。

«
»

メニューリスト