HOME»看護師転職 » 看護師の転職で病院以外は何が人気?

看護師の転職で病院以外は何が人気?

医療施設で思い浮かべるなら、クリニックと病院。そして市町村の保健所などもよく目に付きます。看護師の転職サイトではこうした施設以外にも、実は様々な「案件」が用意されています。その中でも人気といわれているのが「学校」の保健室です。
具体的にいえば、小中高の保健室は「養護教員」が保健師として勤務するケースが多く、看護師の立場から養護教員になるパターンはそれほど多くはありません。これに比べ、圧倒的なのが「大学」の健康センター、いわゆる大学の医務室です。大学には学生の健康管理を行う責務が課せられています。健康診断はもちろんのこと、大学内外の活動には、常に健康で安全でなければなりません。特に多くの学生が集う集会やスポーツ大会などでは、救護室も必要ですし、合宿では救護隊として参加しなければならないこともあります。
大学の保健室では、学生の精神的な悩みの相談、つまりカウンセリングを行うことも非常に多くなっています。高校時代までの受験勉強から開放された学生の「無目的な不安感」や就職活動の不安など、保健室の看護師は意外にも忙しい日々を送ることがあります。ですが、執刀の介助や臨床の立ち会いといった医学環境よりも、怪我の手当や救急搬送の手配、カウンセリング等がほとんどであり、若い学生に日々接触することで、気持ちが若々しくなれるといったメリットを感じる看護師がほとんどです。

看護師の転職で人気の職業と職場

もうひとつ、人気といえば「産業医務室」でしょう。企業に設置されている保健室をいいますが、特に人気なのが首都圏や関西圏など大都市の商業施設にあるオフィスビル内の保健室です。ここでは企業の正社員として、社員の健康診断、あるいはメンタル面の相談などを行います。もちろん勤務時間は所属企業の社員と変わりなく、週休2日制ですし、なにより、帰社時には近くのデパートなどでショッピングが楽しめるといった面が人気といえます。
産業看護師としては「治験」看護師もあります。これは主に製薬会社の社員として、病院に治験チームと同行して研究の介助を行います。製薬社員は薬剤師であり、薬剤事故に備えての立場ですが、他の社員同様にスーツやパンツといったビジネススタイルでの職性が特徴です。これも、一般企業ならではの福利厚生や研究そのものに関心のある看護師に人気です。
最後に「離島看護師」が上げられます。人気なのは沖縄諸島なのですが、3ヶ月、6ヶ月といった夏場だけの派遣看護師という仕事です。宿泊付き、給与も高く個人病院が多いため、夜勤がない場合がほとんどです。勤務終了後はサーフィンを楽しむ看護師に、絶大な人気です。

«
»

メニューリスト