HOME»看護師業務 » 精神看護とは?実習や特徴について

精神看護とは?実習や特徴について

看護師は「正看護師」と「准看護師」の精神科看護は、精神科クリニックや心療内科クリニックでの看護が中心です。また、病棟を持っている精神科病院では「気分障害」「アルコール症」「児童の精神科治療」そして『うつ』『躁』『躁うつ』や『統合失調症』を治療するものと、急性期治療(薬物中毒など)を引き受けている精神科病院があります。
急性期病棟のある病院のケースでは、医師•看護師と薬剤師が24時間スーパー救急医療を行っています。大阪市大正区にある『ほくとクリニック病院』のケースでは、精神科と心療内科を備えていますが、薬剤師も24時間待機しているため、薬物中毒や急性アルコール症の患者臨床に対して、対応が可能になっています。
精神科の場合は、薬物療法が中心です。病棟看護の場合も、投薬ケアは重要です。心療内科は病棟のないところが多いのですが、思春期専門外来では特に「病院内のトイレで自傷行為」や「家族のケアがないため、回復しても再外来」など、病院内だけでは回復できない問題も数多く見られます。
精神科病棟、外来では行動療法が行われます。心理カウンセラー、臨床心理士と医師との関係を十分理解し、チーム医療を支えるため、カウンセリング、認知療法、行動療法、精神分析療法、家族カウンセリング、箱庭療法、遊戯療法などを理解する必要があります。

精神看護の療法や実践的ケア

箱庭療法とはクライエント(患者)が何もない空間におもちゃや人形などを自由配置させることで「心の内面を表現してもらう」療法です。クライエントは、自分の思いや状況を他人に伝えることが難しいため、この作業からその心理状態を『読み取って』いくのです。
一方、精神看護、というと「精神科専門」ではなくなります。実習ではまず「精神科病院の仕組み、構造」「措置入院の現場理解」「薬物療法の理解」などから、精神科患者のケア立案を作成することが非常に重要です。実習は全ての患者がケースバイケースであるため、急性期•慢性期•回復期の全てをケアするという特徴があります。
精神看護はガン性疼痛看護や緩和ケア、訪問看護など、広い領域でスキルが必要です。特に急性期病棟では患者だけではなく患者の家族に対するケアを必要とします。リエゾンナースとしての実習も含まれているのです。他には、行動療法の領域も勉強する必要があります。
精神看護の領域は、今後は精神疾患だけでなく、末期ガン患者の疼痛ケア、緩和ケアと急性期病棟看護など、広い領域で必要とされていくことが予想されます。また、高齢患者が増えていることから、多くの需要が見込まれていくでしょう。

«
»

メニューリスト