HOME»看護師その他情報 » 看護師さんの給料の全国平均、どのぐらい?

看護師さんの給料の全国平均、どのぐらい?

●「ピンからキリまで」
「ピンからキリまで」という言葉が似合うように、「看護師」と一括りに言ってもその給料は勤め先や勤続年数によってさまざまで、20万円代前半から40万円代前半までさまざま
です。非常勤の場合、時給で1500円から2000円が相場のようです。外来メインか病棟勤務かでも待遇は変わってきますが、そこまで給料の差としては表れているようには感じ
ません。准看護師の方が若干給料が少ないようにも感じますが、求人情報を見てみると正看護師と准看護師で給与待遇が一緒であるところが多いです。無論、正看護師の方がキャリア
アップを図れるので最終的には正看護師の方が給料は高くなる傾向にあります。
●高給を決定するもの
看護師の給料を高くする理由は、まず「夜勤」です。夜勤の回数が多いほど同じ条件でも給料は高くなる傾向にあります。ただし、夜勤ありでも夜勤なしの看護師よりも給料が少ない
場合もあります。同じ職場で日勤と夜勤であれば夜勤の方が給料が高いと考えるべきでしょう。次に注目するのが「勤続年数」です。経験のある看護師ほど高い給料を貰っている傾向
にあります。キャリアを積んでいるほどに高いスキルを持っているので、それだけ給料も高くなります。
●忙しい=高給とは言い難い
看護師の実際の給料に対する考えとしては、「忙しい割に給料が少ない」「給料の割には忙しくない」という意見が分かれます。無論、忙しさとそれに対する給料の多さに対する感じ
方は人それぞれなので何とも言えませんが、実際に複数の職場を経験した人の意見としては忙しさと給料の多さが結びつかないと感じているようです。勤め先の規模が大きければそれ
だけ忙しく、その分給料も多くなりがちですが、全てに当てはまるとも言い切れません。「忙しい割に給料が少ない」と感じている人でも、実際に割に合わない給料なのか、それとも
相場を知らないので感覚だけで「少ない」と感じているかは実際にそこで働いてみないと分かりません。
●給料が少ないと感じたら転職も視野に
とは言え、本当に仕事量に合わない給料である職場も多くあります。ある程度経験を積み、転職の機会があれば転職サイトなどを利用して転職することも視野に入れたほうが良いかも
しれません。いろんな職場を経験することは看護師にとっても決して悪いことではありませんし、待遇が良くなれば長く仕事を続けていくことができます。給料の少なさはそのままモ
チベーションの低下につながりますので、ネットなどで他の看護師の給料がどれくらいであるかを調べ、それに対して自分の給料が少なければ転職を検討してみてはいかがでしょうか。

«
»

メニューリスト