HOME»美容整形外科 » 美容整形外科へ転職する看護師が増える背景

美容整形外科へ転職する看護師が増える背景

美容整形外科は医療機関のひとつではありますが、看護教育制度では触れることのないジャンルに位置づけられています。違いは圧倒的な数の「治療」を行うクリニック、病院などに対して「施術」を行うのが美容整形外科だから、という理由です。
そもそも、疾病や外傷、あるいは原因不明の感覚による不快感などは、全てが「本来なかった状態」に起因しています。ですが、美容整形外科の領域は「本来備わった」状態に新たに施術を行うことで、心理的な劣等感や不安感を取り除く、というもの。ですから、個人々々の患者の希望で施術部位が行われるのです。
看護師が美容整形外科に転職する大きな要因は、いくつか挙げられます。まず、美容整形外科に対する考え方が「認知されてきた」こと。医療の世界では、どうしても美容整形外科を同じ医療の一科目とは認めない雰囲気が作られてしまいます。それは、美容整形外科が自由診療であるため、国の認め、保障する薬剤、治療法、看護の考え方などに「縛られない」領域であることが原因です。

看護師にとっての美容整形外科へ転職するメリットとは?

ですが、美容整形外科の大きな役割は「患者の外見」という個性を施術することで、患者から心理的痛みを開放する、というものです。これは歯科でいう美容歯科ともある意味共通した考え方です。つまり、患者の人生に明るい希望を与える効果がある「治療」という点では、どの医療とも共通しているのです。
看護師の世界では、美容整形外科を格下扱いする向きもないわけではありません。ですが、勤務環境が日勤に限られること、都市部の駅前などの一等地に立地していることから、交通の便がよいこと、そして給与水準が高いことなどから看護師の転職先、として人気が高まっているのです。
実際に男性、女性を問わず美容整形外科に訪れる患者は多く、患者の施術に対する切望観、期待感は非常に高いものがあります。実際の施術は医師が行うことがほとんどであり、その施術方法も器械によるものが多く含まれています。そのため、看護師は患者への心理的動揺を緩和し、安定した状態で施術に迎えるようにケアすること、また施術後の結果に対して、医療行為の及ぶ範中の説明を行うことなどが求められます。
美容整形外科は比較的小さな規模のクリニックがほとんどですが、その技術水準の格差が大きいのも特長ですので、事前にしっかりとリサーチしてから転職されるのがよいでしょう。

«
»

メニューリスト