HOME»看護師業務 » 認定看護師と専門看護師の違いって何?

認定看護師と専門看護師の違いって何?

看護師には従来は都道府県資格である「准看護師」と、国家資格である「(正)看護師」とに分類されていました。
あくまでも准看護師は正看護師の介助を目的としますが、業務内容はまったく変わらない医療機関もありますので、傍目からは区別がつかないことがほとんどです。
ところが、認定看護師と専門看護師は制度化された全く新しい国家資格なのです。
認定看護師とは2013年現在21の分野があり、救急看護、皮膚•排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器系疾患看護、慢性心不全看護が該当します。
各々の専門的スキルを身につけることで、熟練度の高い看護を実践すること、そして一般看護師への指導と相談を行うことを目標としています。
専門看護師は同じく2013年現在で11の特定分野があり、がん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性•重症疾患看護、感染症看護、家族支援、在宅看護です。

認定看護師と専門看護師の違いを更に詳しく解説

認定看護師が、看護師や医師との関係の中で責務を果たすのと違い、専門看護師は一般市民への適切な看護指導や、看護関係者(家族も含む)のコンサルティング、あるいは様々な調整を行うことを目的にしています。
看護は現在長期的な在宅療養者が増加していることもあり、地域(市町村)の福祉担当者でもその対応ができないケースが増え、また個人情報には立ち入れないために、返って看護者である家族や個人、あるいは集団への適切な処置が行われないまま、という状態が圧倒的でした。
倫理面からみても、非常に不整備であったために、初めて現場へ介入できる国家資格者が常設されたことになります。
これからのあらゆる面での看護研究が、専門看護師の大きな役割にもあっています。
看護師として従来は医師の元で治療行為を行っていましたが、認定看護師は、医師不在の際に医療行為の指令を出せる地位にあり、専門看護師は、一般市民への看護の指導を行う権限が与えられました。

«
»

メニューリスト