豊富な脱毛施術メニュー

フェイシャル用の業務用エステ機器の種類

フェイシャル用の業務用エステ機器の種類 フェイシャル用の業務用エステ機器の中でも最も注目度が高いとされているのが、高密度焦点式超音波、通称ハイフと呼ばれる超音波を用いたマシンです。
種類は多数存在していますが、共通した機能は熱収縮の原理を用いたたるみ治療を手軽に行うことができます。
この業務用エステ機器を用いれば、メスを使ったり皮膚の中に糸を通したりするいわゆる美容整形を行う必要性は一切ありません。
ハイフの場合には表在性筋膜層と呼ばれるお肌の深層部に超音波がアプローチをするため、皮膚の内部から肌を引き締めてたるみやくまの原因を改善することができるのが特徴です。
通常、ハイフに用いられる業務用エステ機器の場合には、カートリッジ式であるので毎月メンテナンスにコストが掛かってしまいます。
そのような弱点を克服した最新機器では、メンテナンスを自分で簡単に行うことができるシンプルな構造となっているため、メンテナンスコストを最小限に抑えることができるのです。

業務用エステ機器の中でも、特にボディ用はどのようなマシンがあるのか?

業務用エステ機器の中でも、特にボディ用はどのようなマシンがあるのか? エステサロンでは、ハンドだけではなく業務用エステ機器を使うことでより効果を上げる事が出来ます。
特に痩身エステの顧客をターゲットとしたマシンの種類の中でも、より効果が高いと話題になっているものがあります。
たとえばキャビテーションやラジオ波、そしてエンダモロジーと言ったセルライト対策が出来る業務用エステ機器です。
ボディのセルライトは、ハンドマッサージだけでは頑固でなかなか除去することが出来ません。
しかしエンダモロジーでセルライトを強力に揉み解し、脂肪燃焼しやすい状態を作ります。
さらにキャビテーションやラジオ波を使って脂肪を溶かして老廃物として流す作業を行います。
この相乗効果で、切らない脂肪吸引と言われるぐらい効果はありますし、痩身エステを利用している顧客の満足度は格段に上がります。
多くの方が効果を感じていますし、脂肪はどんどん小さくなっていきますので、業務用エステ機器の中でも注目されていると言えます。